電話でのご予約・お問い合わせはTEL.0827-30-1200

〒740-0022
山口県岩国市山手町1丁目22-25



院内設備facilities

施設のご案内

施設写真
 バリアフリーで明るく開放的な待合室。
 最新機器による各種検査。
 敷地内には広い駐車スペースをご準備。
 玄関に近い場所には優先駐車スペースを確保。

 


機器について

機器写真

超音波画像診断装置 Vivid T8

当院では最新鋭の超音波診断装置を導入しています。


超音波検査とは

痛みを伴わずに、正確な心臓・血管疾患・腹部疾患・甲状腺疾患の診断を行い、治療に役立てています。
薬や注射は使用しません。超音波の透過を良くするため、ゼリーを塗って探触子(センサー)を体にあてて検査します。無侵襲であり苦痛や被曝がありませんので、安心して検査をお受け下さい。

当院では、エコー画像をはじめすべての検査データを専用サーバーに保存し、診察室で画像をお見せしながら検査結果の説明を行っています。

     <超音波検査による画像例>








安静時心電図検査















安静時心電図検査とは、安静状態での心臓の活動電位の様子を記録することで心臓の動きを調べる検査方法です。正常な心電図波形は一定の波形を示しますが、心臓の機能に異常がある場合は、異なった独特な波形を示すことにより様々な心臓の病気を判定することができます。異変があった場合は、負荷心電図・ホルター心電図・心エコー検査など、さらに詳しく当院でお調べすることができますのでご相談下さい。









血圧脈波検査(CAVI/ABI)装置















当院では動脈硬化度(CAVI)と血管年齢を測定することができます。また下肢動脈の詰まり具合(ABI)も同時に測定ができます。足のしびれ、冷感、歩行時に足が痛くなって休むと元に戻るなどの症状があると、動脈硬化が原因の場合があります。投薬後の動脈硬化の改善具合を調べる検査にも有効です。検査方法は左右の上腕部・足首の血圧を同時に測定します。 足の血圧は普段測り慣れていないため圧迫感を少し強く感じるかもしれませんが、痛みはほとんどない検査です。加齢が原因と放置せず、気になることがありましたらご相談下さい。








運動負荷心電図検査

当院ではエルゴメーターを用いた運動負荷検査を行っています。
エルゴメーターとは自転車をこぐのと同じ要領の検査で、2分毎に
ペダルが重たくなっていき、段階的に運動をすることによって心臓に負荷をかけ、その時の心電図変化により狭心症の有無や運動誘発による不整脈の有無を検査、診断します。


下記の症状や状態の時に検査を行います

・自覚症状のある方
胸痛(30分以内)や動悸を感じる

・過去に狭心症や心筋梗塞を発症したことがある

・健診などの心電図検査で「ST低下」「異常Q波」などの心電図異常を指摘された方

・高脂血症、糖尿病、高血圧を指摘された方

・学校健診で心電図異常を指摘された方

気になることがありましたらお気軽にお問い合わせください。



(null)




中心大動脈圧・脈波伝播速度測定血圧計



    

中心血圧、大動脈脈波伝播速度、血管年齢などの測定を行います。

★中心血圧とは心臓の出口付近の血圧のことです。脳や心臓、腎臓などの重要な臓器が実際に曝されているのは上腕の血圧ではなく、この中心血圧です。心不全、腎不全、脳卒中などと密接に関連します。また、中心血圧を参照することでより安全で正確な高血圧の治療ができます。

★大動脈脈波伝播速度とは大動脈の中を伝わる脈波の速度のことで、大動脈の硬さの程度が判ります。

★血管年齢は上記の大動脈の硬さを基に計算されます。あなたの中心大血管の動脈硬化が何歳程度に進んでいるのかを示します。実際の年齢よりも高くなった場合、更に詳細な検査の後、必要に応じて生活習慣の改善や適切な治療をおこない、血管年齢の改善を図ります放置すると重篤な血管事故の突然の発症につながります。是非一度検査してみませんか? 検査は普通の腕の血圧を測るのと同様で、簡単にできます。







ホルター心電図イベント心電図検査




当院ではあなたの日常生活中の心臓の状態がわかるホルター心電図/イベント心電図検査を行っています。

ホルター検査は1日、イベント検査は最大で6日間の心電図異常を調べることができます。

防水構造となっており、検査中でも入浴していただけますのでご安心ください。


最近こんな症状に心あたりはありませんか?

1.ドックンと脈が飛んだり、動悸を感じる
2.瞬間的に「うっ」と胸がつまるように感じる  3.安静にしているときに脈が抜ける
4.急に脈がはやくなる
5.胸がドキドキする
6.胸がモヤモヤ、ドキドキする
7.急に脈が遅くなる
8.目の前が暗くなる
9.めまい、ふらつきがある
10.失神する
これらの症状は検査の必要な不整脈かもしれません
ひとつでも心あたりがありましたらご相談下さい




24時間血圧検査


当院ではあなたの日常生活中の血圧測定ができる

24時間血圧検査を行っています。

診察時だけではわからない早朝高血圧、夜間高血圧、仮面高血圧などの判別ができます。






睡眠時無呼吸検査





睡眠時無呼吸症候群(SAS)とは

寝ているときに何度も無呼吸や低呼吸を繰り返し熟睡できずに昼間の眠気や、起床時の頭痛などをはじめさまざまな合併症を引き起こす病気です。

睡眠中に大きなイビキをかく、夜中に何度も目が覚める日中傾眠や居眠り運転をよく起こしそうになるなどの症状があり、重大な交通事故にもつながりかねない怖い病気です。

この検査では睡眠中の無呼吸発生具合を調べます。

結果の度合いによってCPAP療法などを行います。







  肺機能検査装置 スパイロメーター




  あなたの肺年齢は正常ですか?

当院ではスパイロメーターを導入し、呼吸器疾患の早期発見に取り組んでおります。 COPD(慢性閉塞性肺疾患・別名:タバコ病)は未治療のままの方が非常に多い疾患と言われており、自覚症状が出るころには 中等度段階まで進行していることがあります。あわせて禁煙治療も行っておりますので、お気軽にご相談下さい。












連続記録型パルスオキシメーター・時間内歩行試験測定器


息切れや息苦しさはありませんか?


・24時間のデータ保存が可能なメモリ機能を搭載し防水機能がついている連続測定用の腕時計型パルスオキシメータです。
・主に呼吸器疾患、心疾患患者さんであれば、まずパルスオキシメーターでSpO2(酸素量)を測定し、その患者さんの基本的なSpO2を把握しておき、病状悪化時の参考データにします。(安静時での健常者のSpO2値は96%〜98%の範囲にあると言われています。 90%を切ると呼吸不全と定義されます)




・指先にプローブをつけて、侵襲せずに脈拍数とSpO2測定ができます。また24時間記録しますので、歩行時、食事、入浴などの日常生活上不可避な様々な体動時、体の酸素量を測り記録する検査になります。(腕時計型なので日常生活に支障なく防水機能なのでつけたまま入浴も可能です)
・在宅酸素療法(HOT)導入検討のための安静時・労作時・睡眠時の低酸素血症の有無の確認、低換気などによる夜間低酸素血症の有無の確認ができます。
・また院内での時間内歩行試験の検査もございます。(6分間の歩行を行わせ、到達した距離、動脈血酸素飽和度及び呼吸・循環機能検査等の結果を記録し、医師が患者の運動耐容能等の評価します)
・日常動作での息切れや呼吸困難がある際はご相談ください。




呼気NO検査(喘息診断装置)


呼気NO検査とは?

吐いた息に含まれる一酸化窒素(NO)の濃度を測定して気道の炎症状態を評価する、新しいぜんそくの診断方法です。
炎症の程度が分かれば、それに応じて薬の投与量を増減することも可能なため、治療の効率化にもつながります。
 
当院ではこのたび海外で開発された最新の測定機器を導入しました。
検査は約10秒ほど息を吹き込むだけで簡単です。
風邪をひいた後、せきだけが治らずに続くケースが多く、約30%は本格的なぜんそくに移行します。早期に適切な治療を始めれば移行の確率を下げられるため、ほかの慢性的なせきと鑑別できる呼気NO測定への期待は大きく、膨らんでいます。












検体測定検査

自動血球計数CRP測定装置

















院内にて白血球、赤血球、血小板、CRPなどを測定できる
機械を導入しております

炎症や感染症などの診断をしており、迅速な結果のご提供を心がけております。

わずかな血液量だけで測定できますので安心して検査をお受けください。



一般X線撮影 間接変換フラットパネル装置(デジタルX線画像診断システム)


当院では、一般X線撮影に新方式の間接変換FPD(フラットパネルディテクタ)装置を導入しております。
これにより患者様の検査にかかるご負担が軽減され、より高画質な画像での診断が可能となりました。
約1秒で画像が確認できるため、検査時間が短縮されます。またオリジナルの画像処理が搭載されており高画質化による精度の高い診断をご提供しております。

従来の方式に比べ高感度なシステムを導入することにより、撮影時の線量の低下を図り、患者様の被ばくの低減に努めてまいります。








高感度ウィルス検出機器


 当院では、ウィルス・細菌検査を
 最新機器で行っています。


最新機器による高感度検査法でインフルエンザウイルスを見逃しにくくなりました。超急性期に発見して、早期に正確な治療を行うことができます。

インフルエンザウィルスキットをデンシトメトリー分析装置で測定することにより、検出率を高めることが出来ます。


インフルエンザウィルスキット






電子カルテシステム





当院では最新の電子カルテ
(島津製作所製 SimCLINIC T3α)導入により
スムーズな情報提供と、個人情報の一元管理に努めております。


☆受付・会計における待ち時間が短縮できます。
☆X線や超音波の検査終了後ただちに電子カルテまで画像が転送されますので円滑な診療を実現することができます。
☆血液検査データーも一元管理でき、過去のデーターとの比較もわかりやすくグラフ化することが可能です。
☆厚生労働省の電子保存要件に高いレベルで対応したセキュリティー機能により大切なデーターの保護を行っております。


まつい内科クリニックまつい内科クリニック

〒740-0022
山口県岩国市山手町1丁目22-25
TEL 0827-30-1200
FAX 0827-30-1201